FC2ブログ

まずは補強から

►2015/10/02 21:05 

昨日アップしたお茶箱の記事、反響が大きくて、驚いています。

きっと、わたしと同じで、お茶箱リメイクを自分でしてみたいけれど、なかなか踏ん切りがつかないっていう人が多いんでしょうね。

ですので、自分自身の備忘録を兼ねて、経過をその都度報告していこうと思います。


いただいたお茶箱は、たぶん30キロサイズ。

ピアノのベンチタイプの椅子とほぼ同じサイズで、腰かけるのにちょうど良さそう。

そのためには、天板の補強が必要です。

置き場所は、裁断スペースにしている机の下にする予定ですので、引きだすためにキャスターがあった方が便利なので、キャスターを付けるために底も補強することにしました。

近くのホームセンター(ジョイフル本田)の木材売り場をウロウロして、悩むことおよそ1時間。
これがいいんじゃないかと思う、合板を見つけました。
ベニヤ板を厚くしたようなものです。
大きさも、欲しい大きさより、少し大きいくらい。

売り場にいた店員さんに相談にのってもらい、天板には9ミリ、底には12mmの物を選びました。
2枚で1,080円なり。

それを、工作室に持って行って、カットしてもらいます。

1カットにつき50円。
1枚につき、縦、横2カットですので、合計200円でした。

ミリ単位で、待っている間に切ってもらえます。
これはうれしいサービスですよね。
自分でのこぎりでは、とても無理です。

で、帰ってきて、さっそく釘止めしました。

001 (400x299)

角が傷んでいるので、結構大変でした。

釘の先が脇に出てしまったところもあるのですが、その釘を抜くこともままならず、怪我をしそうな所でもないので、仕方なく目をつぶることにします。


もっとどんどん進めたいのですが、上に置くウレタン(スポンジ)を近場で見つけることができなかったので、明日東急ハンズに探しに行きます。
なんせ大きいので、売っているか心配。
なかったら、薄いのを何枚か重ねるしかないかな。


ブログランキングに参加しています。
↓のバナーをポチポチっとしていただけると、とてもうれしいです♪

にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ  人気ブログランキングへ


レッスンの詳細は、こちら()をご覧ください。

スマホからのお問い合わせは、コメント欄からお願いします。
必ずメールアドレスをご記入のうえ、公開設定の「管理人への秘密コメント」にチェックを入れてください。



スポンサーサイト



カルトナージュComment(0) | Top ▲

コメント

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する