FC2ブログ

パリ3日目、美術館巡り♪

►2011/05/25 10:10 

パリで迎える3日目の朝。
ちょっと曇ってるかしら? でも天気予報は

きょうは、美術館を巡ります。

アサイチに行くのがおすすめ、という声をよく聞くので、まずはルーブル美術館へ。

ルーブル宮は、なんだか大きすぎ!
あまり絵にもならず。

カルーゼル凱旋門のアーチの正面から覗いてみました。

083 (400x300)

コンコルドのオベリスクの先に、凱旋門が見えます。
本当はもう少し下がると、シャンゼリゼ通り、凱旋門の先の高層ビル群まで見渡せるのだけれど、噴水前の工事で、景色が台無し。
ちょっと、残念でした。


075 (400x300)

有名なガラスのピラミッドから入ります。
朝だったため、スムーズに入れました(*^-^)

特に芸術に興味があるわけでもないわたしたち。
本当は、広すぎるルーブルはパスしようかと思っていたほど。
でも、ミュージアムパスを買ったことだしと、記念訪問。

ですので、本当に有名な作品だけを見るつもり。
モナリザ、ミロのヴィーナス、サモトラケのニケ。

モナリザは、ガラスケースに入っているうえ、数メートル離れた所にロープが張ってあるため、じっくり見ようと思っても、少しも質感が感じられず、残念でした。
きっと、それも芸術音痴だからでしょうが・・・

最初は作品の写真を撮ったのですが、作品との2ショットの写真を撮るだけでその場を去っていく人の多さに馬鹿らしさを感じ、自分もその仲間にすぎないことに気づいて、やめました。
詳しいことはわからないけど、じっくり見て、何かを感じ取ろうと努力はしたつもりです。


078 (300x400)

そうそう、これには、ちょっと感激でした。
ツアー客が見上げていなければ、気づかないところでしたけど・・・


1時間半ほどで切り上げ、オルセー美術館へ。
かつては駅だったという建物内部がちょっと素敵。
こちらは館内撮影禁止でした。

改装中なのか、展示作品が少ない?

ルノアールの「ムーラン・ド・ラ・ギャレット」の木漏れ日の明るさが素敵。
どうしても、明るい絵に惹かれます。


疲れたので、お茶でもしたいところだけど、通り道だからと、オランジュリー美術館へ。
モネの大きな「睡蓮」8枚を、じっくり座って眺めました。


もうお昼だけれど、せっかく近くに来たのだから、アンジェリーナへ。
憧れのモンブランをいただきました。

088 (400x300)

おいしかった~(*^-^)
でも、一人で食べるには、ちょっと大きすぎ。
主人のワインのつまみ(?)に少し分けてあげました。


近くの和風大衆食堂でラーメンを食べ、またもや自転車ツアーの始まりです♪

サンジェルマン・デ・プレをちょっと歩いて買物をし、ロダン美術館へ。

こちらも最初の予定にはなかったけれど、バラが咲いているかなぁ?と足を延ばしてみました。

093 (400x300)

まさしく満開でしたよv(^^*)

この考える人と地獄の門、同じ物を上野の西洋美術館の前庭で見たことがあるような気がするんだけど、上野のは偽物なのかな?
それとも、本物がいくつもある?
どなたか詳しい方、教えてくださいm(_ _)m


089 (400x300)

ドームだけだけど、アンヴァリッドも見ることができて、良かったです♪


また自転車に乗り、オペラ座へ。
残念ながら公演がある日のため、中に入ることはできませんでした。


098 (300x400)

ギャラリー・ラファイエットにも、この吹き抜けを見に行きました。

お惣菜を買って帰ってホテルで食べようか、という話になったのですが、お箸やフォーク類がないことに気付き、断念。
スーパーで買えばいい話だけれど、もう疲れきっていたのよね。
結局ホテルのそばで、連日賑わっていたイタリアンに行くことにしました。

写真はないけれど、モンパルナスのPIETROというお店、ピザがすごくおいしかった!
地元のお客さんで満席です。
テーブルを動かさないと席に付けないほどびっしり。
フランス語のメニューしかないので、ピザ以外うまく選べなかったのが心残り。
他の方たちが食べているのも、どれもおいしそうでした。

65 Bvd de Vaugirard 75015 です。
19時からですので、予約しなくても、早めに行けば大丈夫ですよ!
フランス語がわからない方、辞書をお忘れなく。
会話は英語で大丈夫でした。


また今日も盛りだくさんな一日でした。
あー、疲れた!



ご訪問ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
↓のバナーをクリックしていただけると、嬉しいです♪

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ 人気ブログランキングへ

スポンサーサイト



テーマ : パリ、フランス - ジャンル : 海外情報

2011 フランスComment(0)Trackback(0) | Top ▲